お知らせ

お知らせ

最新の内視鏡システムを導入

この度、富士フイルム社の最新の内視鏡システムを導入いたしました。特徴は、AI技術を用いた内視鏡診断支援機能「CAD EYE」と言うプログラムが搭載されております。この診断支援機能は、膨大な臨床データから深層学習(Deep Learning)を活用して開発され、内視鏡検査における病変の検出と鑑別をサポートします。すなわち、リアルタイムに病変を検出し、その病変が腫瘍性または非腫瘍性であるかを自動で推定してくれます。この最新のシステムにより病変の見落とし率の改善につながり、また診断の補助にもなるため、患者様にとってより医療に対しての信頼につながると考えております。

お知らせ

お問い合わせ
072-368-9007